【開館時間】火曜~金曜(祝日・毎月最終金曜、年末年始を除く):午前9時~午後7時(子ども読書室は午後5時)、
土曜・日曜(年末年始を除く) 午前9時~午後5時
【定例休館日】月曜、毎月最終金曜、祝日(土日除く)
2017年12月29日から2018年夏までオーテピア高知図書館への引っ越し等にともない長期休館します。この間、高知県立図書館の蔵書は閲覧・貸出しできません。
オーテピア高知図書館への引っ越し等にともなう長期休館のお知らせ

------------------------------------------------------------------------------

業界研究 観光業編 3 ユニバーサル・ツーリズム

 観光庁では、これからの旅行の新しいあり方として「ニュー・ツーリズム」を振興していますが、それと並んで、「ユニバーサル・ツーリズム」を推進しようとしています。

 

www.mlit.go.jp

 

 これは、従来、なかなか観光の主体として考えられなかった障がいのある方なども旅行を楽しめるようにという考え方です。

 

 この分野の本は、まだ少ないですし、分類もその性格上、障害者福祉の方に分類されていたりと、まちまちですが、高知県立図書館では、下の写真のような本を所蔵しています。

 

・旅の夢かなえます 三日月ゆり子著 大日本図書 2008.5

 子ども読書室 689 ミカ

 

 子ども向けに書かれた本ですが、大人の方でも十分、参考になります。

 次の5章からなっています。

 

第1章 景色が見えなくても旅は楽しい 一人旅がくれた宝物

第2章 行きたい気持ちの背中を押して 高齢者や障害者の旅をつくる

第3章 旅で決意した自立生活 電動車いすでどこへでも

第4章 バリアフリーは楽しみながら ユニバーサルデザインのホテルをめざしたアイディアマン

第5章 ちがいに出会えば出会うほど 外国からの旅人をむかえる小さな旅館

 

 この中で、12歳のときに失明した方は次のように言っています。

「景色が見えないのに、なんで旅をするのかと思うかもしれません。でも、たとえば友だちとけんかしたり、勉強や仕事でうまくいかないことがあったとき、旅に出てリフレッシュしたいと思いますよね。それは、目が見えていても見えなくても、変わらないことだと思うんですよ」(p.18)

 

・パラダイス・ウォーカー 中村勝雄著 小学館 2011.12

 297.6 ナカ

 

 車いすでハワイ、香港の一人旅にチャレンジした記録です。

 

・障害者旅行の段階的発展 井上寛著 流通経済大学出版会 2010.10

 369.27 イノ

 

 障害者の旅行について本格的に論考した本。

 

f:id:kochi-toshokan:20150331135948j:plain