読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
【開館時間】火曜~金曜(祝日・毎月最終金曜、年末年始を除く):午前9時~午後7時(子ども読書室は午後5時)、
土曜・日曜(年末年始を除く) 午前9時~午後5時
【定例休館日】月曜、毎月最終金曜、祝日(土日除く)、年末年始
【特別休館日】特別整理期間(蔵書点検等を行います):2017年2月20日から24日
------------------------------------------------------------------------------

高知県立図書館朝読会(水曜会)第6回

 高知県立図書館職員有志の朝の読書会です。世界史の本を読んで行こうということで、今は、『シュメル』(中公新書)を読んでいます。

 第6回(2013年12月18日)は、同書第5章「母に子を戻す」です。シュメル文明における法制度の話ですが、有名なハンムラビ法典に先だってウルナンム(法典)というのがあったそうです。ただし、これは、「法典」と呼べるほどの条件を揃えていたものかどうかは、まだ、はっきり言えないので、いきなり、「ハンムラビ法典は世界最古の法典」というのは間違いなどと言っているわけでもありません。でも、ハンムラビ法典を世界最古の法典というのも、若干、無理があるかもしれません。

 注目すべきなのは、ハンムラビ法典が「目には目を」という同害復讐(運用・適用はともかく)で有名なのに対し、ウルナンム法典はそうでないということです。結構、金(というか銀です)で解決したりします。やはり新しい本は読んでいくべきですね。昔、習った世界史の教科書の記述だけでは知らないことがたくさんあります。